市民公開講座

ホーム > 市民公開講座

脳科学の達人

 

脳科学の達人×映画「パラレルワールド・ラブストーリー」企画
"その記憶、本物ですか?
"

 

 

 

日時

2019年5月25日(土)14:00-16:00(13:40開場)
プレゼンテーション 14:00-
クロストーク 15:00-

 

会場

日本科学未来館 7階 未来館ホール
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

 

参加方法

参加費:無料 ※事前参加申し込み不要
常設展、企画展への入場は別途料金が必要です。
定員:300名

 

Speakers

「記憶を改編する」

井ノ口 馨 (富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授)
プロフィール
1984年名古屋大学大学院博士課程修了、大腸菌の研究で農学博士号を取得。
三菱化学生命科学研究所にて酵母菌の研究に従事。
1991年米国コロンビア大学医学部エリックキャンデル教授の下で記憶研究を開始。
2009年から富山大学教授。
主な受賞歴:時実賞、文科大臣表彰、東レ科学技術賞、高峰記念第一三共賞、内藤記念科学振興賞。


「私って、他人のことどうやって覚えているの?」

檀上 輝子(理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員)
プロフィール
京都大学大学院医学研究科博士課程修了。
2011年 大阪バイオサイエンス研究所・システムズ生理学研究部門(中西研究室)・研究員を経て、
2013年より理化学研究所・脳神経科学研究センター・時空間認知神経生理学研究チーム(藤澤研究室)・研究員。
研究テーマ:複雑な神経活動のメカニズムをシンプルに解き明かしたい。


「記憶を分子レベルで理解する」

三國 貴康(新潟大学脳研究所 教授)
プロフィール
京都市生まれ。京都大学医学部を卒業後、小児科医として働く中で脳の可塑性に興味を抱く。
東京大学で博士(医学)を取得後、米国で研究。
昨年9月に帰国し、新潟大学脳研究所の教授に就任。
脳でのゲノム編集や分子イメージング等の新しい研究手法を開発し、記憶を分子レベルで理解することを目指している。


映画監督

森 義隆
プロフィール
1979年生まれ。08年『ひゃくはち』で映画監督デビュー。
同作が、第13回新藤兼人賞銀賞、第30回ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。
12年『宇宙兄弟』で第16回プチョン国際ファンタスティック映画祭グランプリ、観客賞をダブル受賞。
映画、テレビ、舞台、CMと活躍の幅を広げる。16年『聖の青春』では映画賞を多数受賞。


科学コミュニケーター

本田 隆行
プロフィール
全国でも珍しいフリーランスの科学コミュニケーター。
元々の専門は、地球惑星科学(理学修士) 。
大学院修了後、地元の市役所に事務職として入庁するも、
それまでの節操ない経歴を全て生かせる仕事を求めて方向転換。
2012年4月より日本科学未来館にて、科学と社会をつなぐ存在である「科学コミュニケーター」として修行を積む。
2015 年夏からは無所属となり、専門を忘れるほど活動の幅を広げながら、全国を飛び回る。


Special Supporter

Dr.DJ ATSUKO

 

脳科学の達人2019

 

日時

7月28日(日)14:30-16:00

 

会場

朱鷺メッセ(新潟市) メインホールA

 

参加方法

参加費:無料 ※事前参加申し込み不要
定員:500名

 


PAGE TOP