市民公開講座

ホーム > 市民公開講座

脳科学の達人

 

脳科学の達人×映画「パラレルワールド・ラブストーリー」企画
"その記憶、本物ですか?
"

 

 

 

日時

2019年7月28日(日)14:30-16:00(14:00開場)
プレゼンテーション 14:30-
クロストーク 15:30-

 

会場

朱鷺メッセ メインホールA

 

参加方法

参加費:無料 ※事前参加申し込み不要
定員:500名

 

対象

高校生、大学生および一般の方

 

主催

日本神経科学学会、日本神経化学会

 

協力

松竹株式会社, 藤田医科大学総合医科学研究所「脳関連遺伝子機能の網羅的解析拠点」事業

 

後援

新潟大学脳研究所

Speakers

「記憶を改編する」

井ノ口 馨 (富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授)
プロフィール
1984年名古屋大学大学院博士課程修了、大腸菌の研究で農学博士号を取得。
三菱化学生命科学研究所にて酵母菌の研究に従事。
1991年米国コロンビア大学医学部エリックキャンデル教授の下で記憶研究を開始。
2009年から富山大学教授。
主な受賞歴:時実賞、文科大臣表彰、東レ科学技術賞、高峰記念第一三共賞、内藤記念科学振興賞。


「私って、他人のことどうやって覚えているの?」

檀上 輝子(理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員)
プロフィール
京都大学大学院医学研究科博士課程修了。
2011年 大阪バイオサイエンス研究所・システムズ生理学研究部門(中西研究室)・研究員を経て、
2013年より理化学研究所・脳神経科学研究センター・時空間認知神経生理学研究チーム(藤澤研究室)・研究員。
研究テーマ:複雑な神経活動のメカニズムをシンプルに解き明かしたい。


「記憶を分子レベルで理解する」

三國 貴康(新潟大学脳研究所 教授)
プロフィール
京都市生まれ。京都大学医学部を卒業後、小児科医として働く中で脳の可塑性に興味を抱く。
東京大学で博士(医学)を取得後、米国で研究。
昨年9月に帰国し、新潟大学脳研究所の教授に就任。
脳でのゲノム編集や分子イメージング等の新しい研究手法を開発し、記憶を分子レベルで理解することを目指している。


Special Supporter

Dr.DJ ATSUKO

 


PAGE TOP