演題登録のご案内

一般演題(口演・若手道場・ポスター)を公募いたします。Webシステムにより演題をご応募ください。シンポジウム講演者も各自演題登録が必要です。
下記要領をご一読の上、ご登録をお願いいたします。
※演題応募手続きの前に、事前参加登録を行ってください。

Index

  1. 演題登録期間
  2. 応募資格
  3. 国内学生トラベルアワード
  4. 発表形式・使用言語
  5. 応募方法
  6. 入力について
  7. 演題登録後の確認・修正
  8. 演題採否
  9. 注意事項
  10. 演題登録画面へのログイン

 

1.演題登録期間

開始

2018年12月3日(月)

締切

シンポジウム演題: 2019年1月31日(木)
一般演題: 2019年2月6日(水)

演題登録の募集期間は、事前参加登録とは異なります。お間違いのないようご注意ください。
シンポジウム講演者も各自演題登録が必要です。オーガナイザーはその旨講演者にご周知ください。

 

 

2.応募資格

  • 発表者(筆頭著者)本人が参加登録および演題登録を行ってください。共著者による代理登録はできません。
  • 筆頭著者としての応募は、シンポジウムを含めて1人につき1題に限られます。ただし、プレナリーレクチャー、特別講演、教育講演、受賞講演、ランチョンセミナーはこの限りではありません。
  • 一般演題発表者(筆頭著者)は、日本神経科学学会あるいは日本神経化学会の会員でなければなりません。未入会の方は、速やかに本会への入会手続きを行ってください。
    日本神経科学学会入会のご案内はこちら
    日本神経化学会入会のご案内はこちら
  • 入会申請から会員番号の発行までに一週間ほどかかる場合があります。時間に余裕を持って入会手続きをしてください。プログラム決定時期までに入会手続きが完了していない場合は、演題の登録を取り消すことがあります。
  • 会員であっても、年会費の滞納がある場合には登録を取り消すことがありますので、年会費の納め忘れにご注意ください。
  • より広い神経科学周辺分野の研究者の参加を促進するため、シンポジウム招待演者に限り非会員の発表を認めていますが、この機会に入会されることをお勧めします。
  • 休会中の方は、発表前までに必ず復会の手続きをお済ませください。

 

<入会・年会費支払等連絡先 >
日本神経科学学会 事務局
 URL: https://www.jnss.org/join/
 Tel : 03-3813-0272 Fax : 03-3813-0296 E-mail: office@jnss.org
日本神経化学会 事務局
 URL: http://www.neurochemistry.jp/about
 TEL:03-5361-7107 FAX:03-5361-7091 E-mail:jsn@imic.or.jp

 

 

3.国内学生トラベルアウォード

NEURO2019では、国内の学部生および大学院生を対象にトラベルアウォードを設けることにしました。
最大で3泊までの宿泊を大会より拠出します(宿泊先は大会にて指定します)。
定員を超える応募があった場合は、審査の上、採否を決定いたします(定員50名)。
詳しくはこちら

 

 

4.発表形式・使用言語

一般演題へ申込みされる方は、口演またはポスターどちらでの発表を希望するかお選びください。ただし、どちらの形式となるかの最終決定はプログラム委員会にご一任ください。
発表形式は、発表日時の通知と併せてお知らせいたします。必ずしもご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

<使用言語>

プログラム

抄録執筆

発表

質疑応答

プレナリーレクチャー
特別講演
受賞講演

英語

英語

英語

教育講演

日本語

日本語

日本語

シンポジウム
口演発表

英語

英語

英語 (※日本語も可)

若手道場

日本語
(英語も可)

日本語(英語も可)

日本語(英語も可)

ポスター発表

英語

日本語/英語
※ポスターは英語で作成

日本語/英語

1) シンポジウム(指定演者のみ)

  • 抄録は英文で作成してください。演題名、著者氏名、所属機関名は和文・英文の両方をご登録ください。
  • 当日の発表言語も英語です。ただし質疑応答は日本語も可とします。
  • 発表時間は、事前に座長とご相談ください。
     

2) 一般演題

  • 抄録は英文で作成してください。演題名、著者氏名、所属機関名は和文・英文の両方をご登録ください。
  • 演題分類項目一覧をご参照の上、希望する分類を選択して下さい。 ただし、プログラム委員会の判断で応募時の希望と異なる分類での発表として編成される可能性があります。予めご了承ください。
    演題分類項目一覧(PDF)
     

【口演発表】

  • 当日の発表言語は英語です。ただし質疑応答は日本語も可とします。
  • 口演発表の一人あたりの持ち時間は、討論を含めて15 分を予定しています。ただし、応募演題数などにより変更になる可能性があります。
     

【若手道場】

NEURO2019では日本神経科学学会や日本神経化学会に所属の若手研究者の育成を目的として、「若手道場」を行います。若手道場では、学部生、院生、若手研究者の方に口頭発表の機会を提供し、当該研究内容、技術やそのプレゼンテーションに対し様々な視点から、複数のアドバイザーが助言を与えます。今後の研究の方向性に迷っている方、技術的な支援を模索している人、未完成な研究内容でも結構ですので、若手道場で発表して専門家のアドバイスをもらってはいかがですか。また若手道場は、通常の口頭発表よりも長い質疑応答時間を設定しています(発表15分、質疑応答15分を予定)。深く議論することにより、自身のサイエンスを鍛えていただければと思います。なお、優れた発表を行った方には、賞状が贈られます。
若手道場での発表をご希望の場合は、発表形式で「若手道場」を選択してください。
※演題登録システムには、日本語の抄録はご登録いただけません。日本語でのご登録を希望される方は、一旦、ダミーの英文でご登録を完了された後、日本神経科学学会事務局(abstract@jnss.org)まで、日本語抄録をお送りください。
対象:PhD取得後5年以内(大会初日)
発表:日本語、英語いずれも可


【ポスター発表】

  • ポスターは英語で作成してください。
  • ポスターのサイズ等については、決定次第大会ホームページにてご案内いたします。
     

<ジュニア研究者ポスター賞について>
本大会では、ジュニア研究者ポスター賞を実施します。
学部学生によるポスター発表の中から特に優れた演題を選出し、表彰いたします。
演題登録時に学部学生の方が審査の対象となります。

 

<産学連携ポスター発表の実施について>
ポスター発表のうち、特に産業との連携が深い演題や産業応用に関わりのある演題を、「産学連携ポスター」と位置づけて募集いたします。
産学連携ポスター発表は、大会初日に行われる産学連携企画と同日の発表となるよう編成する予定です。企業関係者との議論を深める機会として、ぜひご応募ください。

  • 産学連携発表を希望する場合には、演題登録画面上で「産学連携/産業応用に関連する」にチェックをしてください。その際、画面上に記載された条件にあてはまることをご確認ください。希望者の数によっては採否を審査する場合があります。ご了承ください。
  • 当日掲示するポスターは英語で作成してください。また、企業の方によりわかりやすく説明できるよう、日本語のレジュメをA4・1枚程度で別途用意し、ポスターセッション中に希望者に配布してください。

 

 

5.応募方法

1) 演題登録手続きの前に

演題登録の前に事前参加登録をしておく必要があります。下記の「事前参加登録」ボタンから、事前参加登録を行ってください。

 

2) 演題登録画面へのログイン

事前参加登録が完了すると、完了画面に「演題登録に進む」ボタンが表示されます。このボタンから登録画面に進んでください。

 

<ご注意>
事前参加登録完了後、演題登録画面に進まずに完了画面を閉じてしまった場合、または演題登録を完了せずに中断してしまった場合は、参加登録からログインしなおしてください。事前参加登録完了通知メールの本文中にあるURLまたは参加登録のご案内ページの「参加登録後の確認・修正」ボタンからログインし、(特に修正がなくても)更新を完了してください。完了画面の「演題登録に進む」ボタンをクリックすると、演題登録画面にログインできます。

 

3) 演題の入力~完了までの流れ

  • 演題登録画面の指示に従い、必要事項を入力してください。
  • 登録完了後、受付確認のメールが自動送信されます。60分経ってもメールが届かない場合は、登録が受理されていない可能性があるので、再度登録をお願いいたします。また、迷惑メールフォルダに振り分けられることもあるので、合わせてご確認ください。
  • ご使用のPC環境等により、登録受付確認メール内では機種依存文字が正しく表示されないことがあります。WEB上の登録画面で正しく表示されていれば問題ありません。
  • 受付確認メールには演題登録番号とご自身で設定したパスワードが表示されます。演題の確認・修正や事務局への問い合わせの際に必要です。必ず保管してください。

 

 

6.入力について

1) 入力項目

  • 希望の発表形式、著者氏名(発表者を含めて20名以内)、所属機関名(20施設以内)、筆頭発表者の連絡先、メールアドレス(登録完了通知・採否通知の送付先)、演題分類項目番号、演題名、抄録本文、研究助成金名を入力してください。
  • 著者氏名、所属機関名、演題名は、和文・英文の両方を入力してください。
  • 抄録本文は英語で枠内に先頭行を左詰めで入力してください。抄録本文には、演題名、著者名、所属名を入力しないでください。
     

2) 字数制限

  • 抄録本文は、半角1,500文字以上、2,500文字以内です。特殊文字、記号、装飾のための入力文字(HTMLタグ)も文字数に含みます。必要事項を入力後、「登録内容確認」のボタンをクリックすると現在の文字数を確認できますので、適宜調節してください。字数制限を越えるものは受け付けられませんのでご注意ください。
     

3) 特殊文字・装飾の入力について

  • 英語は全てアルファベットで入力してください。
  • 装飾を伴う文字を使用する場合には、演題登録画面の一覧表よりコピーして必要箇所にペーストしてください。
    ※下記は一例です。詳しくは演題登録画面にてご確認下さい。
①特殊文字

記号
(例) p&lt;0.05 → p<0.05.

タグ

&lt;

&gt; 

&amp;

&quot;

&plusmn;

&ne;

表示

<

>

&

"

±

ギリシア文字
(例) &beta;blocker→ βblocker.

タグ

&alpha;

&beta;

&gamma;

&delta;

&epsilon;

&zeta;

&eta;

&theta;

&iota;

&kappa;

&lambda;

表示

α

β

γ

δ

ε

ζ

η

θ

ι

κ

λ

タグ

&mu;

&nu;

&xi;

&omicron;

&pi;

&rho;

&sigma;

&tau;

&upsilon;

&phi;

表示

μ

ν

ξ

ο

π

ρ

σ

τ

υ

φ

タグ

&chi;

&psi;

&omega;

表示

χ

ψ

ω

 

②装飾

装飾を施す場合には、下記もしくは演題登録ページの一覧表よりコピーして必要個所にペーストすると、より正確に入力できます。
なお、書式指定タグは必ず半角を使用してください。

※装飾の対象となる文字の前後をタグ(半角)で囲ってください。


装飾

上付き

下付き

イタリック

太字

下線

改行

タグ

<SUP></SUP>

<SUB></SUB>

<I></I>

<B></B>

<U></U>

<BR>

Na<SUP>+</SUP>
→ Na+

H<SUB>2</SUB>O
→ H2O

<I>c-fos</I>
c-fos

<B>AAA</B>
AAA

<U>AAA</U>
AAA

<BR>
の次の文字から改行

 

③注意

書式指定タグとの混同を防ぐため、抄録本文内で < および > の記号を使うときは(p<0.05、CO>2.2 等)、< は &lt; を、>は &gt; を使用してください。

(例) p<0.05
 × p<0.05 (半角<を使用)
 × p<0.05 (全角<を使用)
 ○ p&lt;0.05

 

 

7.演題登録後の確認・修正

演題登録受付期間中に限り、抄録の確認と変更が可能です。下記の「演題登録後の確認・修正・削除」ボタンより演題登録番号とパスワードを用いてログインしてください。

演題登録受付期間終了後は、抄録・著者(筆頭著者・共著者)・所属の全てにおいて、修正・変更・追加は一切できません。登録情報はプログラム集へ記載いたしますので、所属の間違いや共著者の入力漏れ等がないよう、十分にご確認ください。

事前参加登録と演題登録は別のシステムです。どちらか一方を変更しても、もう一方には反映されません。
修正する場合には、必ずそれぞれを修正してください。

 

 

8.演題採否

一般演題の採否ならびに発表日時・形式・会場等については、プログラム確定後4月初旬にメールでご案内いたします。演題の採否は、参加登録後の確認・修正画面からご確認いただけます。演題の採否につきましてはプログラム委員会にご一任願います。不採択になる場合もございますのでご了承ください。
シンポジウムの抄録についても、プログラム委員会から内容確認をさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

 

 

9.注意事項

  • 演題登録番号とパスワードは大切に保管してください。セキュリティの関係上、問い合わせには応じられませんのでご注意ください。
  • 演題登録受付期間終了後は、修正・変更・追加には一切応じられません。事情に関らず特別な措置はいたしかねますのでご注意ください。
  • 投稿された抄録は、原則として校正されません。そのまま公開されますので、投稿者の責任において作成してください。
  • 筆頭著者の方は、事前に共著者全員の了承を得てから投稿してください。
  • 採択された演題の抄録は、年次大会の開催に先立って、7月初旬頃にThe JNS Meeting Planner 2019にて一般公開される予定です。正確な公開日については、学会事務局 大会問い合わせ窓口(entry@jnss.org)までお問い合わせください。
  • 「特許法第30条に基づく特許申請のための発表証明」が必要な場合には、大会事務局大会 問い合わせ窓口(neuro2019@aeplan.co.jp)までご連絡ください。

 

<推奨ブラウザ>
Internet Explorer 11
Safari 9.1以降
Mozilla Firefox 62.0以降
Google Chrome 69.0以降
また、本システムは一部の機能でJavaScriptを使用しています。必ずJavaScriptを有効にして下さい。

 

 

10.演題登録後の確認・修正

 

 

演題登録に関するお問い合わせ先:
日本神経科学学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目2-2 本郷ビル9F
E-mail: abstract@jnss.org


PAGE TOP